江川社会保険労務士・行政書士事務所

江川事務所だより

HOME >  お役立ち情報  > 江川事務所だより

12月号

1.紹介状のない患者は、負担増に 2.マタハラとは 3.年末賞与からの社会保険料控除について

発行:2017年12月22日江川事務所だより(NO101)
 今年はトランプ大統領の就任によりツイッタ―で情報が発信され、世界中が振り回された1年でした。TPP交渉のアメリカ離脱や紛争国からのアメリへの入国拒否やイスラエルの首都をエルサレムとする、また北朝鮮との緊張状態の継続など常に話題を提供してきました。
 唯一、法人税の減税実現の公約は守られそうですが、これも恩恵を受けるのは大企業のみで、大衆には恩恵をもたらさないようですが、アメリカ企業の景気持続には貢献するのでしょうか。
 日本に目を向けると衆議院選挙では、自民党・公明党が大勝し、野党は一層の混乱が続いています。年末は相撲の日馬富士の暴行事件と上野のパンダ公開が紙面をにぎわせています。また、天皇陛下の退位日が2019年4月30日、5月1日に皇太子殿下が即位、元号改元が予定されています。
 来年こそはいい年を迎えることができることを切に願っております。
では、事務所便り101号をお届けします。

1. 紹介状のない患者は、負担増に
  厚生労働省によると、病院の紹介状なしで受診した際の追加料金を徴収する大病院を増やすという。今までは500床以上の大病院に限っていたが、400床以上にし、病院数も260程度から400位まで5割増やすという。
 大病院では同じ病気でも医療費が高くなり(2倍の開きという)財政面からの見直しが必要という。また、大病院だから安心との理由で軽度な病気やけがで多くの人が大病院へ行くと、本当に高度な治療を必要とする患者の妨げになっているとの懸念もあるという。これからは「かかりつけ医」が大事になってきます。

2.マタハラとは
  最近マタハラという言葉がよく聞かれますがご存じですか?セクハラ・パワハラと同じく ハラスメントのひとつです。マタハラとは、妊娠・出産・育児休業等に対する否定的な言動のこと。例えば、育児休業の取得について上司に相談したら「男のくせにありえない」と言われたり、育児短時間勤務していたら、同僚から「周りは迷惑している」と何度も言われ、精神的に非常に苦痛を感じているなど。
国はこのようなことがないよう就業規則で禁止条項を規定し、懲戒処分とするなどの規定を進めています。皆様の会社ではどう規定されていますか?

3.年末賞与からの社会保険料の控除について
(1)雇用保険料率は、3/1000  (建設業は、4/1000)
(2)健康保険料率は(協会けんぽ東京支部の場合)
   40歳~65歳未満は、 57.8/1000
40歳未満は、 49.55/1000
  ただし、年間(4月~翌年3月)573万円が上限
(3)厚生年金保険料率は、 91.5/1000
ただし、1回の支払い額は150万円が上限
  賞与を支払いましたら「賞与支払届」の提出が必要で、支給がない場合には「総括表」のみの提出になります。
発信元 東京都千代田区外神田2-1-4-103 江川社会保険労務士・FP一級・行政書士事務所 江川 明豁 電話:03-6206-0580、Fax:03-6206-0581 E-mail: akihiro-egawa@oasis.ocn.ne.jp RL: http://www.egawa-roumu-gyousei.comURL:http://www.egawa-houmu.com 建設・運輸・宅建業等の許可申請、在留資格の取得、業務承継・遺産・相続手続後見人の受託、労働社会保険手続、助成金申請手続、労働相談、労務監査、不動産の有効活用、生命保険代理店等承っています

*
* * *
  • 江川事務所だより

    毎月発行しております「江川事務所だより」の内容を掲載しております。 よろしければ、ご一読下さい。

▲page top