江川社会保険労務士・行政書士事務所

VOL135号

1.診療報酬、介護報酬のダブル引下げへ 2.賃上げ、中小の66%引き上げ 3.派遣時給「未経験」増え下落 4.私の好きな山・登山道(宮城県・岩手県・秋田県秋田栗駒山) 5.私の好きな温泉(岩手県須川温泉)

▼▼御茶ノ水アドバイザー通信(VOL135)▼▼
 このメールマガジンは、過去に名刺交換させていただいた方に送らせていただいています。
目次
■診療報酬、介護報酬のダブル引き下げ提案へ
■賃上げ、中小の66%引き上げ
■派遣時給「未経験」増え下落
■私の好きな山・登山道(宮城・岩手・秋田県栗駒山)
■私の好きな温泉(岩手県須川温泉)
____________
____________________________ ■診療報酬、介護報酬のダブル引き下げ提案へ
〇財務省は2018年度予算編成の焦点である診療報酬改定で2%台半ば以上のマイナス改定を目指す方針  だ。25日の財政制度等審議会に方針を示す。
〇国民医療費は、過去10年間で平均2.5%のペースで増加している。制度の持続性を高めるには、大幅な  マイナスが避けられないと判断した。年末には厚労省や日本医師会と調整する。
〇診療報酬は医療行為や薬の対価として医療機関が受け取る報酬だ。国が全国一律で定める。医師の給与に  あたる本体部分と薬価部分からなる。前回16年度の診療報酬の改定率は、0.84%のマイナスで、本体は  0.49%のプラスだった。財務省によると、1990年代以降、賃金や物価水準はデフレで上昇しなかったが、  医師の技術料に当たる診療報酬本体は上昇続けてきた。財務省は国民負担の抑制のため、診療報酬本体の  引き下げも求める方針だ。
〇18年度予算編成では、診療報酬と介護報酬の6年に一度の同時改定を迎える。財務省は介護報酬も  マイナス改定を目指す。介護事業者の経営状況は一般の中小企業より良いので、国民の保険料や自己負担  を抑制するために報酬の引き下げを求めるが、厚労省や業界団体はプラス改定を求めており、着地点はまだ  見えない。
___________
_____________________________ ■賃上げ、中小の66%引き上げ
〇経済産業省は、23日2017年度の企業の賃上げ動向調査をまとめた。賃上げした企業の割合は大企業が  前年度を下回ったが、中小企業は大幅に伸びた。人手不足が深刻になり、賃上げで人材確保を目指す中小  企業が多かった。大企業も業績拡大の恩恵を賃上げなどの形で社員に還元する動きが目立っている。
〇中小企業は66.1%の企業が正社員の賃上げに取り組み、16年度を7.1ポイント上回った。賃上げの理由  は人材の採用、従業員の引き留めが49.2%で最も多かった。調査は東証一部上場の2001社と中小企業3  万社 を対象に実施した。回答率は大企業が18.2%、中小企業は27.7%となった。
_________________________
_______________ ■派遣時給「未経験」増え下落
〇人材サービス大手のエン・ジャパンが16日まとめた9月の派遣社員の募集時給は、三大都市圏(関東、東  海、関西)平均で前年同月より2.5%低い1509円だった。前年を下回るのは12カ月連続。同じ非正規労働  者のアルバイト・パートの時給が最高額を更新する一方、派遣の時給が下がるのは、人手不足の解消を狙い    相対的に時給が安い未経験者をとる案件が増えているためだ。働き方が多様化し「週3日から可能」など短時  間案件がふえたのも一因だ。
〇9月に未経験者募集が多かったのはIT(情報技術)系と技術系の分野。「提携業務の切り出しが進んでいる  という。IT系はプログラムの動作確認をする業務、技術系は2020年の東京五輪開催に向けて建築設計に  使うCAD(コンピユータによる設計)のオペレータの求人が目立った。全体の半数以上を占める事務系の時給  の上昇が続く。近年はパソコンの提携作業を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)オペ  レータなど専門知識を要する事務職の時給が高い。
_____________________________
___________ ■私の好きな山・登山道(宮城・岩手・秋田県栗駒山)
〇標高は1626m、東北地方の中央に位置し、秋田・岩手・宮城の3県にまたがる火山です。
〇栗駒山といえば、高山植物も有名ですが、日本一といわれる紅葉が素晴らしい山です。
〇栗駒山には、初心者から上級者まで楽しめる9つの登山道があり、すべての登山道とも日帰り可能な登山道  です。その中でも、紅葉が楽しめるのが、いわかがみ平から登る中央道です。初心者向きで、標高差513m  で往復160分程度です。また、美しい沢登と稜線歩きが楽しめる東栗駒コースもおすすめです。また、登山口  にある須川温泉と高層湿原が楽しめる須川コースも160分程度で往復できます。
  ただし、東栗駒コースは沢があるため、上りの登山道とし、下りは中央道がおすすめです。
〇宮城県から登るときは、栗駒高原駅からバスを、岩手県の須川登山口は岩手県の一ノ関駅からバスが運行  しています。
〇栗駒山のHP:http://sunalog.net/koyo-higashikurikoma-chuo-kurikoma/
____________________________
____________ ■私の好きな温泉(岩手県須川温泉)
〇栗駒山の中央火口丘である剣岳の北麓、標高1129mの高地にある。
〇源泉はph2.2の強酸性で、毎分6000リットルの湯量が自噴している。
〇泉質は、含硫黄ーアルミニウム―硫酸塩・塩化物泉です。
〇岩手県側にある宿舎は「須川高原温泉」といい、部屋数48室、それ以外に湯治用の部屋68室ある。
 秋田県側には東成瀬村が経営する栗駒荘があり、宿舎はこの2軒である。
〇須川温泉のHP:http://www.hikyou.jp/detail.php?shid=30134
ナオ、メールマガジン解除ご希望の方は、当事務所までご一報ください。
________________________________________ 江川社会保険労務士・FP1級・行政書士事務所
生命保険代理店江川 明豁
電話:03-6206-0580、Fax:03-6206-0581
E-mail: akihiro-egawa@oasis.ocn.ne.jp URL:http://www.egawa-houmu.com
建設・不動産・運輸業許可手続、後見人受託・事業承継、助成金申請、労働・社会保 険手続メンタルヘルス
________________________________________

*
* * *

メールマガジン

HOME >  お役立ち情報  > メールマガジン
  • メールマガジン

    毎月発行しております。「メルマガジン」の内容を掲載しております。 よろしければ、ご一読下さい。

▲page top