江川社会保険労務士・行政書士事務所

VOL142号

1.失業率、23年ぶりに2%台 2.18年度診療報酬改定方針公表 3.東京圏22年連続転入超 4.私の好きな山・登山道(神奈川県陣馬山) 5.私の好きな温泉(神奈川県陣馬の湯)

▼▼御茶ノ水アドバイザー通信(VOL142)▼▼平成30年2月15日号
 このメールマガジンは、過去に名刺交換させていただいた方に送らせていただいています。
目次
■失業率、23年ぶりに2%台
■18年度診療報酬改定方針公表
■東京圏22年連続転入超
■私の好きな山・登山道(神奈川県陣馬山)
■私の好きな温泉(神奈川県陣馬の湯)
_________________________
_______________ ■失業率、23年ぶりに2%台
〇雇用改善の流れが一段と強まってきた。総務省が30日に発表した2017年の完全失業率は2.8%と1994年以来23年ぶりに3%を割り込んだ。3%割れは、働く意思があれば職に就ける完全雇用の状態を示す。有効求人倍率も1.5倍と44年ぶりの高さだ。
〇2017年の完全失業率は、前年から0.3%改善し、1993年の2.5%以来の低さ。
バブル崩壊後の長期停滞で02年に5.4%まで上昇、リーマン・ショック後の09~10年も5%台だった。その後の息の長い景気回復で就業者数が増加し17年は6530万人と前年より65万人増えた。
〇今まで働いていなかった女性などが職に就き、5年連続で増えた。女性の15~64歳の就業率は67.4%で比較可能な1968年以降で最高だ。結果、企業の人材確保は難しさを増す。厚生労働省が発表した2017年 の有効求人倍率は1.5倍と、前年より0.14ポイント上昇した。
〇求人に対して実際に職に就いた人の割合を示す充足率は15.2%で、1963年に統計を取り始め手から最低だ。企業は将来の人手不足を見越して、正社員の採用に力を入れる。正社員の有効求人倍率は直近の17年12月に1.07倍となり、過去最高となった。17年の正社員数は3432万人で前年比56万人増えた。伸び幅  は3年連続で非正規社員を上回った。
〇パートタイム労働者など非正規社員の時給は上昇傾向にあるが、賃金水準が比較的高い正社員の給与は高収益の割に社会保険料負担の増加もあり、自由に使える可処分所得が増えないため、景気回復の実感がつかめにくい。 3%の賃上げ実現による消費の底上げが望まれる。
________________________
________________ ■18年度診療報酬改定方針を公表 〇報酬の具体策として、かかりつけ医向けに800円の初診料加算措置を新設(自己負担は最大3割)。報酬を手厚くし、夜間や休日も電話対応できるようにすることなどを求める。患者にとって身近になる反面、自己負担もその分増える。
〇今回は介護報酬との同時改定に当たり、介護との連携も重視した。自宅での「みとり」に対して報酬を加算。  特別養護老人ホームでの終末期医療の拡充などの措置も織り込んだ。
〇地域医療と大病院との役割分担の具体策としては、紹介状を持たず大病院を受診した際の負担を見直す。  今は初診で5千円以上、再診で2500円以上を負担。対象となる病院の要件を500床から400床以上に広げ  る。地方の中核病院なども対象に含める。入院医療の仕組みも改める。現在は「患者7人に対して看護師1人  を配置する」という基準の基づいた報酬が多いが、「患者10人に対して看護師1人」が配置される病床への緩  やかな移行を促す。 
   病院前に立ち並ぶチェーン薬局への報酬も減らす。年1兆円規模の医療費がかかる透析治療の報酬も減  額する。
________
________________________________ ■東京圏22年連続転入超
〇総務省が1月29日発表した住民基本台帳に基づく2017年の人口移動報告(外国人を除く)によると、東京圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)への人口集中が転入者が転出者を上回る「転入超過」は22年連続で前年より1911人多い11万9779人だった。一方、東日本大震災の被災3県(岩手、宮城、福島県)は人口流出 が加速している。
〇東京圏への転入超過数が10万人を超えたのは4年連続で、2年ぶりに増えた。転入超過数のうち、15~29歳が98%を占める。ニッセイ基礎研究所の斉藤太郎経済調査室長は「景気が回復し雇用の情勢が強くなり、地方から来た若者が職を見つけやすくなっている」と分析する。名古屋圏と大阪圏はともに5年連続で転出超  過だった。
〇都道府県別で転入超過なのは、多い順に東京、千葉、埼玉、神奈川、福岡、愛知大阪の7都府県。16年と同じ7都府県だった。転出超過は残る40道府県。福島県が最多で、兵庫県、北海道が続いた。市町村では、全体76%が転出超過だった。
転出超過数は4年連続で北九州市が最多だった。
_______________________________
_________ ■私の好きな山・登山道’神奈川県陣馬山) 〇陣馬山のみの登山としては物足りない山ですが、高尾山から城山、景信山経由で陣馬山まで縦走すれば7時間強を要し、歩行距離も19.4kとなるので、私は夏山登山の足慣らしとして毎年登っています。
〇ここは、登山ばかりでなく山マラソンで走る人を多く見かけます。
〇陣馬山は高尾山と同様に、天気が良ければ富士山を望めます。陣馬山頂上は広く、休憩所もあるので休憩に適しています。また景信山も休憩所があり、一服にてきしています。休憩所があるのはここと丹沢の塔ノ岳くらいで、安心して登れる山です。
〇景信山から陣馬山までいくつかの峰を上下していきますが、上りがきつい人は迂回路があるので便利です。
〇縦走路は、樹林帯を歩くので景色には恵まれないですが、夏の暑いときには結構涼しくて、家にいるよりは快適です。
〇陣馬山のHP:http://www.yamareco.com/modules/yamainfo/rtinfo.php?rtid=3643
______________________
__________________ ■私の好きな温泉(神奈川県陣馬の湯)
〇日帰り温泉としても利用できますが、宿泊客が多いときは断られることもあるようです。
〇山の中の一軒家的趣がありますが、建物・施設は古いので期待はできないです。
しかし、風呂は檜風呂で都心から近くて、山の一軒家的雰囲気が味わえる温泉です。
〇猪鍋が人気あるようです。いわなも食することができます。
〇前泊としてとまり、陣馬山から高尾山まで縦走すると時に、温泉に入浴して次の日登山に備えるのに便利なお宿です。
〇陣馬の湯のHP:http://www.navida.ne.jp/snavi/2794_1.html
 なお、このメールマガジン解除ご希望の方は当事務所まで一方ください。
________________________
________________ 江川社会保険労務士・FP1級・行政書士事務所
生命保険代理店江川 明豁
電話:03-6206-0580、Fax:03-6206-0581
E-mail: akihiro-egawa@oasis.ocn.ne.jp URL:http://www.egawa-houmu.com
建設・不動産・運輸業許可手続、後見人受託・事業承継、助成金申請、労働・社会保 険手続メンタルヘルス
________________________________________ ________________________________________

*
* * *

メールマガジン

HOME >  お役立ち情報  > メールマガジン
  • メールマガジン

    毎月発行しております。「メルマガジン」の内容を掲載しております。 よろしければ、ご一読下さい。

▲page top